background

正しい磨き方

レントゲン写真

念願のインプラント治療をした後は、いつまでも綺麗な状態を保ちたいものです。正しい歯磨きを行わなければ、口腔内はすぐにボロボロになってしまうでしょう。もし、インプラント治療を行った後に歯周病になってしまうと大変です。これは別名でインプラント周囲炎とも呼ばれています。歯周病が進行すると歯茎が痩せ、せっかくのインプラントが抜け落ちる可能性があるのです。費用が高額という事もあり、簡単には治せないでしょう。その為にも病気は徹底的に避けるべきです。セルフケアでも口腔内はじゅうぶんに綺麗な状態を保つ事が可能と言えるでしょう。人は毎日歯磨きをするので、正しい方法を覚えておくと損はしないはずです。虫歯や歯周病の原因菌をやっつけましょう。

歯磨きをする際に、ブラシ全体を使ってゴシゴシと強く擦る人は多いのではないでしょうか。しかし、それは正しい磨き方ではありません。乱暴にしているつもりがなくても、歯や歯茎は傷ついている可能性があります。毛先だけを歯に当てて小刻みに動かしてみましょう。歯と歯の隙間から歯垢を掻き出すようにして磨くのです。持ち方に関しても、手で握り込まずにペンを持つようにイメージしましょう。力を込めずに軽く持ち、歯の一本一本を磨くようにすれば確実に歯垢は落とせます。虫歯や歯周病の原因菌を発生させないように意識しながらセルフケアをすれば、高い費用のインプラントを長持ちさせる事が出来るのではないでしょうか。