background

深刻化する前に

治療中(医師二人)

歯科治療は豊富に用意されており、症状に合わせて適した方法が選ばれます。多くの人が求めているインプラントですが、例え希望していても治療が受けられない可能性もあります。治療の際には骨が関係しているので、小学生や中学生など、まだまだ成長の途中なら断られるかもしれません。また、歯周病になってしまうと歯茎や骨が脆くなるので、骨にネジが埋め込めない事もあります。歯周病の症状に関しては軽度から重度まであるので、軽度であれば望みは捨てなくても良いのではないでしょうか。免疫力が著しく低下している人や糖尿病患者にも不向きです。糖尿病2型の場合は望みがあると言われていますが、1型なら厳しいでしょう。

インプラント治療を決めたのであれば、口腔内は清潔に保って問題のないようにしておきましょう。虫歯や歯周病が進行していれば、インプラント治療を受ける事が出来ません。土台を作る際には歯茎に穴を開けます。骨まで到達しますし、もし虫歯菌が入り込んでしまうとどうなってしまうのでしょうか。口腔内はもちろん、様々な部位に感染症が起こる可能性が高くなるのです。そうなってしまうとインプラント治療どころではなくなるでしょう。歯周病があるのなら、まずは原因菌を取り除く治療を行わなくてはなりません。インプラント治療の為に歯周病治療をする場合、歯を支える為に必要な骨がどういう状態なのかが鍵となります。症状が深刻化していると骨が溶けてしまうので、早めの段階で治しておきましょう。